いぼ痔に無理は禁物oライン脱毛前に対処を

oライン脱毛は、お尻の肛門周囲に生えてきてしまうムダ毛に対して施術を行います。いぼ痔になっている人は、患部をみられる可能性が高く恥ずかしさから、中々決断できない人もいるでしょう。

いぼ痔がoラインの施術によって悪化してしまう可能性は、ほとんどありません。しかしそれよりも問題となってくるのが、痛みや熱を患部が感じやすくなっている点です。健康な人でもデリケートな部分で、使用する脱毛装置によっては痛みを感じやすいところですから、照射を受けるたびに激痛となって襲ってくる可能性があります。

いぼ痔の治療を、先に済ませることが得策です。手術をしない切らない対応方法があって、特別な薬剤を注入すると硬化して、外に飛び出さなくなります。

医師の技術が必要であり、根治させる方法ではないため、再発の可能性がありますが、oライン脱毛の間だけ、状態を抑えることに有効性が期待できます。患部の状態により、すぐに手術を受けたほうが良い場合もあります。医師にoライン脱毛を受けたいことを伝えて、いぼ痔に対する適切な処置を行ってもらうことがベストです。

クリニックによっては、レーザーによる脱毛を行っている所がありますから、患部をみてもらって相談しましょう。クリニックの施術なら、照射による痛みを抑えるために麻酔クリームの利用ができます。

肌の表面に塗るもので、肛門の内側にあるいぼ痔にまで作用しないので、患部の対応が終わっていないうちは控えたほうが良いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする