oライン脱毛でおならが出そうになったらどうする?

身体のすべてに美を行き渡らせるべく細部の脱毛を続けていくと、最終的に施術の範囲がデリケートゾーンに及ぶことになります。そこでちょうど体の末端にあたるお尻の肛門付近にあたる部位を示すのがoライン。このoラインは自分の目からは全く見えない位置にありますが、実は意外にもムダ毛が多い場所なのです。

この位置を綺麗に処理するにあたっては、自分で自己脱毛するのはリスクが伴いますので、エステやクリニックで専門施術を受けるのが良いでしょう。このoライン脱毛の際には、専用の紙パンツを着用し、施術台の上でお尻を突き出すような姿勢で処理を受けることになります。

レーザーやフラッシュだとこの体勢のままで間断なく痛みが続きますので、前傾姿勢であることも手伝って、痛みを我慢している緊張がふと緩んだ瞬間におならが出てしまうことも少なくありません。中にはこう言ったおならで恥ずかしい思いをしたくないために施術に踏み切れずにいる人もいることでしょう。しかしエステやクリニックのスタッフはこう言った対応には慣れており、利用者がおならを生じさせてしまう原理も十分に理解していますから、恥ずかしい思いをすることは一切ありません。

おならをした恥ずかしさで思わず「すみません」と口にすると脱毛士が「全く気になさらないでください」と答えてくれることがほとんどです。エステやクリニックでは利用者のストレスや負担を少しでも取り除こうと心を尽くしていますので、これらのことは全く心配することなくリラックスして施術を続けることができるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする